神さびる(荘厳で神秘的である)国、我が日本

神国日本が未来永劫、幸せでありますよう願っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「闇学」入門』 中野純 著  日本人の感性と文化培った

 気象衛星から見ると、日本列島の夜の輝きはとてつもない
もので、日本は世界の中でも特異なほどに明るい国であるら
しい。著者は理由の一つに、高度経済成長を支えた昭和ヒト
ケタ世代が、子供時代に戦時中の灯火管制や防空壕(ごう)
で体験した闇の恐怖を挙げている。闇は恐ろしいだけの害悪
となり、未来は光の中にしかないという強い思いで彼らの世
代が戦後の経済成長を引っ張ったことから、日本は明るすぎ
る国になった。そして蛍光灯の驚異的な普及も、柔らかな光
と影で闇を駆逐していったという。また、昔ながらの日本家
屋が減ったのも、闇不足の原因になっている。かつて天井裏
や屋根裏、床下や縁の下、トイレ、庭の井戸などに湛(たた)
えられていた豊かな闇が消え失(う)せていったのだ。

 著者は豊饒(ほうじょう)な闇の魅力を語り、その復興を
呼びかける。日本人の感性と文化は闇に培われてきたとして、
本書では民俗や文芸、信仰や健康などさまざまな視点から闇
の懐深さを説き明かしている。夜の闇での蛍狩りや虫聴き、
富士山などの霊山でご来光を拝むための夜中の登山。真っ暗
闇の戒壇巡りや本来の百物語。深夜の月の出を山上で待つ習
俗もあった。日本人は闇に漬かり、闇に親しんできたのだ。

 20年近く闇の体験を続け、著作や「闇歩きガイド」の実
績もある著者によれば、人間の五感は闇の中ではすっかり変
わるらしい。微かな音やにおいが自分でも驚くほど感じ取れ、
視覚は超高感度になる。視界の全体をしっかり捉える夜目の
働きは、闇夜の暗い道を歩くときにはとても重要であり、こ
の視力は武術の基本にも通じていると、宮本武蔵の『五輪書』
を引いて指摘する。手足の触覚も敏感になるようだが、さら
に第六感の働きで、超能力者になったような気分にもなると
か。また、夜通し闇の山を歩いて寝不足で疲れ果てると、幻
覚から超常現象も現れるそうで、著者は丹沢の尾根で人の声
で喋(しゃべ)る鹿に出会ったという。

 本書は光と闇の厳粛なドラマにわれわれを誘いながらも、
昼の山に慣れておかなければ夜の登山は危険だ、という注意
も添えている。
(集英社新書・756円)

 評・中原文夫(作家)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140302/bks14030213320000-n1.htm
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

古東正舟

Author:古東正舟
平成21年(2009)初春ごろからネットを始めました。
特定アジアの実態を深く知るようになりました。
日本消滅の危機感を抱いています。
日本を子孫にリレーするために在日特権廃止、パチンコ撲滅、
NHK解体などを断行すべきです。
日本再興を願っています。

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。