神さびる(荘厳で神秘的である)国、我が日本

神国日本が未来永劫、幸せでありますよう願っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不自由な生活をされている東日本の被災地の皆さん、そして、全国の草莽の同志、あきらめることなく、その時を目指して頑張り、歩み続けましょう。

 不自由な生活をされている東日本の被災地の皆さん、
 そして、全国の草莽の同志、
 あきらめることなく、その時を目指して頑張り、歩み続けましょう。

これは、西村眞悟さんの言葉です。

やはり、こういう国家殲滅の危機の時には、真正・保守の政治家が一番
頼りになります。

次の選挙では、西村眞悟さんを当選させましょう。立ち上がれ日本を躍進
させましょう。

上記の西村眞悟さんの言葉は、ブログの結びの言葉です。

以下、ブログの全文です。



西村眞悟『眞悟の時事通信』
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=636
より転載します。

“騒いでいたのはネズミの群れ”

 昨夜、時事通信に「菅直人の本質」と題した一文を書いたが、その中で
本日の内閣不信任案採決の結果如何について書かなかったのは、
「菅直人の本質」こそ重要であって、内閣不信任案の結果は分かっていた
からである。
 つまり、解散総選挙になれば消えてなくなる者ども、つまり幽霊が騒い
でいるのだから結果は見えている。
 しかし、東京の永田町からは、鳩山も不信任に賛成する模様、小沢グル
ープは七十名以上を集めた、不信任案可決の流れ、と盛んに伝わってきた。
 そして、本日、百四十票以上の大差で不信任案否決だった。
結局、解散の恐怖心に駆られた永田町のネズミがアリバイ作りのために
右往左往していただけだった。
 「泰山鳴動してネズミ一匹」という言葉がある。
 しかし、この度は、鳴動していたのは泰山ではなくネズミなのであるから、
ミミズや蚤の一匹もでない。馬鹿馬鹿しいことこの上なしだ。本日、テレビ
を無視して、論文の起案をしていてよかった。時間を有効に使えた。

 そこで言っておく。
 菅直人の納め方、見事だ。総理としては無能だが馬鹿ではない。やはり、
彼はコミンテルン運動家、共産主義組織に属した運動家だけはある。
 昨日の時事通信の末尾に示したコミンテルンの目的の中に、軍事を含む
「あらゆる可能な手段によって戦う」とある。
 では、その「あらゆる可能な手段」とは何か。
 其れをレーニンは「革命家の道徳的体系」とし、その内実を「あらゆる
種類の詐術、手くだ、および策略を用いて非合法的方法を活用し、真実を
ごまかし且つ隠蔽しても差し支えない」と説く
(「大東亜戦争とスターリンの謀略」より)。
つまり、彼らにとっては、目的の為なら何でも許されるのだ。菅にとって
は、保身のためなら何でも許されるのだ。
 そこで、菅直人は、その内にもつ「道徳的体系」に基づき、詐話師の
本領を発揮して、正真正銘の馬鹿で未熟児の鳩山由紀夫を官邸に呼び、
詐術を用いて本心を隠蔽して彼に代議士会で「総理は時期を見て退任する」
と発言させ、一挙に不信任案反対の流れを造ることに成功した。
 ネズミの群れの流れは、この一瞬で変わった。前日に子分ネズミを七十
匹も集めて不信任賛成をブチ挙げた小沢氏は、まことにみっともないこと
であるが本会議を欠席した。保身を優先させたのだ。昨日小沢氏のまえで
七十匹と共に不信任賛成をブチ挙げて、それに忠実に本会議に出席して
賛成票を投じた者の方にむしろ好感が持てる。

 さて、ネズミの群れは安堵してガスが抜けた。小沢氏もシッポを股の間
に入れた。菅直人に一時の平穏が訪れる。
 其れと共に、我が国の国力は落ち続けるだろう。
 そして近いうちに、終に、我が国を再興させるのは、不信任案を提出する
自民党でもなく、賛成か反対かでうごめく永田町のネズミでもなく、草莽
の国民そのものであると腹の底から得心するときが来る。
 その時が、国家の再興への出発点だ。
 不自由な生活をされている東日本の被災地の皆さん、
 そして、全国の草莽の同志、
 あきらめることなく、その時を目指して頑張り、歩み続けましょう。


関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

古東正舟

Author:古東正舟
平成21年(2009)初春ごろからネットを始めました。
特定アジアの実態を深く知るようになりました。
日本消滅の危機感を抱いています。
日本を子孫にリレーするために在日特権廃止、パチンコ撲滅、
NHK解体などを断行すべきです。
日本再興を願っています。

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。