神さびる(荘厳で神秘的である)国、我が日本

神国日本が未来永劫、幸せでありますよう願っています。

Category [神道、古神道、神社、日本史 ] 記事一覧

スポンサーサイト

[神社新報] 伊勢のお白石持 - 町衆の心と技を伝える

【新刊紹介】伊勢文化舎編『伊勢のお白石持 町衆の心と技を伝える』 地元ならではの取材力 記録としても貴重な書http://www.jinja.co.jp/news/news_007264.html この『伊勢のお白石持』は、地元の出版社である伊勢文化舎が今回の御白石持行事を準備段階から取材し続けた集大成といへる。地元の方々とのネットワークも強く、本誌のやうに全七十七の奉献団を取材し、その地域の特色まで網羅してゐる誌面は他誌には見られない。各...

[韓国史家の生命をかけた証言] 日韓併合が朝鮮民族を救った!

韓国がタブーにする日韓併合の真実(2013/12/21)崔基鎬商品詳細を見る...

[神社新報] 北海道で中央研修会 国土と国体を主題に 神青協

[神社新報] 北海道で中央研修会 国土と国体を主題に 神青協http://www.jinja.co.jp/news/news_007284.html 神道青年全国協議会(南坊城光興会長)は三月六・七の両日、北海道札幌市中央区内のホテルで平成二十五年度中央研修会を開催し、全国の会員約四百二十人が参加した。今回の研修会は道神青協(伊部宗博会長)が主管し、「国土と国体を守る」が主題。山田吉彦東海大学教授、俳優の津川雅彦氏、ジャーナリスト・キャスタ...

[神社新報] 国家公共の営みに思ひを 春分の日

[神社新報] 国家公共の営みに思ひを 春分の日http://www.jinja.co.jp/news/news_007283.html 太陽が春分点(赤経零度・黄経零度)を通過する春分。今年は三月二十一日にあたる。「国民の祝日に関する法律」では、この日を「春分の日」と定め、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」とその日の意義を記してゐる。 しかし、一般的な感覚ではいはゆる「春の彼岸」の中日であり、各種報道などでも墓参りの様子などが報じられ、秋分...

[神社新報] 神宮支援材で再建 宮城の二社で竣功奉告祭

神宮支援材で再建 宮城の二社で竣功奉告祭http://www.jinja.co.jp/news/news_007197.html 【宮城】東日本大震災に伴ふ津波で社殿を流失した東松島市・石上神社(土井和幸宮司代務者)と牡鹿郡女川町・二渡神社(内海達也宮司)では、伊勢の神宮の復興支援材を用ゐた社殿が再建されたことからそれぞれ一月に竣功奉告祭を斎行し、参列した氏子はじめ関係者らが喜びを分かち合った。...

ご案内

プロフィール

古東正舟

Author:古東正舟
平成21年(2009)初春ごろからネットを始めました。
特定アジアの実態を深く知るようになりました。
日本消滅の危機感を抱いています。
日本を子孫にリレーするために在日特権廃止、パチンコ撲滅、
NHK解体などを断行すべきです。
日本再興を願っています。

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。